左腕から左手にかけてしびれ

左腕から左手にかけてしびれを感じます。

左腕から左手にかけてしびれを感じます。
常にしびれの症状が出るわけではないですが、
かなり頻繁にしびれを感じます。
これらの原因はどういった事が考えられますか?
また、日常生活で出来る改善方法などを教えて頂きたいです。

回答

腕及び指の痺れには、様々な要因が考えられます。

 ➡ 大きく分けて、5つあります。
①頚椎
②背中
③肩
④腕
⑤指
です。
よく言われるのが、①頚椎の歪みからの神経の圧迫です。
例えば中指なら頚椎の7番、肩から上肢、親指、人差し指痺れならー6番などが考えられます。
次に多いのが③の肩の筋肉の硬結、凝りによる血管、神経の圧迫です。
特に関係するのが、斜角筋類です。
また、三角筋の凝りも関係します。
胸の筋肉の硬結も原因となります。
④の腕の筋肉の凝りも原因となり、上腕二頭筋、腕橈骨筋など多種があり、
脇の下の血管の圧迫も考えられます。

⑤の指は、PCなど指を使う人の
腱鞘炎などもあります。

手首の靭帯の凝りも原因となります。
多種多様な筋肉の凝りなどにより、
血管や神経が圧迫されてのものが
考えられ、
どちらにしろ素人さんには、原因を探るのは難しいでしょう。
②の背中ですが、骨盤が歪むと、脊柱(背骨特に胸椎)が歪み、
肩甲骨が前などに傾き(巻き肩など猫背)、鎖骨下を通る血管、神経を圧迫したりします。

対処法としては、
①原因筋を発見して緩める。
②体の骨格の歪みを、根本から改善する事が必要となってきます。
生活習慣としては、普段から整体、マッサージなど定期的にケアするとともに、
体操、ストレッチ、お風呂に入った時など、筋肉をご自分で緩めるマッサージ
をするなどして、血流、神経の流れ伝達を良くするしかないでしょう。

こじらせると厄介です。
早めに、腕の確かな改善先を探して対処する事をお勧めします。

肩こり整体

関連記事

  1. 肩こりは長い間同じ姿勢

  2. 更年期障害と腰の違和感に対する整体の効果とストレッチ法についての疑問

    更年期障害と腰の違和感に対する整体の効果とストレッチ法につい…

  3. 更年期における心身の健康維持と睡眠改善のための方法

    更年期における心身の健康維持と睡眠改善のための方法

  4. 痛みと肩こりに悩む方へ:効果的な肩こりストレッチ方法

    痛みと肩こりに悩む方へ:効果的な肩こりストレッチ方法

  5. ぎっくり腰とはどのようにしてなるのか

  6. 腰椎分離症の痛みを軽減するための心得

    腰椎分離症の痛みを軽減するための心得

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。