腰痛の悩み:原因と対処法について

腰痛の悩み:原因と対処法について

42歳女性 無職の方からの質問

数年に一度腰痛がある程度でしたが、30代後半になってから座ることができないほどの腰痛が頻発するようになりました。

それでも数日で治り、全く腰痛のない生活に戻れていたんですが、41歳頃から腰痛が慢性化し、先日もぎっくり腰になり一週間、寝たきりの状態になりました。

それ以降、慢性痛が悪化しています。整形外科に行っても薬が出るだけなので、整体に興味を持つようになりました。

レントゲンでは骨に異常がないので、どこが原因で腰痛が起きるのか聞いてみたいです。

ちなみに1日中PC作業をしています。

ぎっくり腰になった時の対処法。

ならないための方法は?

回答

こんにちは、腰痛でお困りのようですね。

慢性的な腰痛生活の質に大きな影響を与えることがありますので、ご相談されるのはとても理解できます

腰痛の原因は人それぞれ異なりますが、座っている間に痛みが増すということから、長時間座っていることが関係している可能性があります。

デスクワークをしている場合、姿勢や作業環境が要因となっていることが多いです。

まず、腰痛の予防策として、以下のことに気を付けることが大切です:

1. 正しい姿勢を保つ:

姿勢に注意し、背筋を伸ばして座るように心掛けましょう。

また、デスクや椅子の高さを適切に調整してください。

2. 適度な運動を行う:

筋力を維持することは腰痛予防に役立ちます

ウォーキングやストレッチなど、身体を動かす習慣を身につけましょう

3. 長時間同じ姿勢を避ける:

できるだけ長時間座りっぱなしにならないようにし、定期的に休憩を取るようにしましょう
私の経験値からゆくと、ぎっくり腰の大きな原因は、骨盤の歪みにあります

まず間違いなくぎっくり腰の方は骨盤が歪んでいます

そして、そこに精神的ストレスや肉体的ストレスがかかったときに発症しやすいです。
くしゃみをしただけで発症することもあります。

ぎっくり腰になった場合の対処法としては、以下を試してみることができます:

1. 完全な安静と氷の冷却:

腰を負担から解放し、炎症を抑えるために安静にしましょう

痛みがある場合は、氷を当てることで腫れや炎症を軽減することができます。

お風呂は痛みがある場合、できるだけ避けてください

2. 痛みのある薬や温湿布の利用:

医師の指示に従い、痛みを和らげるために適切な薬や温湿布を利用することができます。

ただし、ぎっくり腰や慢性的な腰痛の場合は、医師や専門家の診断と指導が重要です。

整形外科や整体の専門家に相談することをおすすめします。

当院では、骨盤の歪みを整え、そこから来る背中の張り筋肉や筋(腱、靭帯など)を緩めます。

次に精神的ストレスをセラピーで取り除きます。

これは自律神経の調整も兼ねています。
ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 腰椎分離症の痛みを軽減するための心得

    腰椎分離症の痛みを軽減するための心得

  2. 更年期における心身の健康維持と睡眠改善のための方法

    更年期における心身の健康維持と睡眠改善のための方法

  3. 左腕から左手にかけてしびれ

  4. 腰痛に悩まされています。29歳女性

  5. 冷え性からくる不眠症

    冷え性からくる不眠症

  6. 猫背と下腹ポッコリの悩み:改善方法を教えてください

    猫背と下腹ポッコリの悩み:改善方法を教えてください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。